011110
フォト蔵ふ
    [トップに戻る] [ワード検索]
讃岐七富士-堤山  2017/11/13(Mon) No. 683
所在地:丸亀市綾歌町栗熊東と綾川町羽床下の境界
名称:堤山(つつまやま)
通称:羽床富士(はゆかふじ)(山の東側が羽床)
標高:201.55m
ことでんの線路に近い
どちらから来るのか分からなかったので慌ててしまい,フレーミングに失敗した


Re: 讃岐七富士-堤山  2017/11/13(Mon) No. 684
均整の取れた山



讃岐七富士-飯野山  2017/11/12(Sun) No. 681
所在地:丸亀市飯山町川原(丸亀市と坂出市の境目)
名称:飯野山(いいのやま)
通称:讃岐富士(さぬきふじ)
標高:421.87m
讃岐富士の代表格が飯野山
手前の宮殿風(?)の建物は介護老人福祉施設だそうだ



讃岐七富士-六ッ目山  2017/11/11(Sat) No. 680
所在地:高松市国分寺町/中間町
名称:六ッ目山(むつめやま)
通称:御厩富士(みまやふじ)(山頂から北東方向に高松市御厩町がある)
標高:317m
右のやや低いのは伽藍山(216.1m)
更にその右には名称のない山(158m)
いずれも,等高線は同心円状で富士山型



観覧車  2017/11/10(Fri) No. 679
乗ってみたい?



観光客を装って屋島へ  2017/11/04(Sat) No. 676
バスと電車で山の上の水族館へ行ってきました


Re: 観光客を装って屋島へ  2017/11/04(Sat) No. 677
電車に乗って...


Re: 観光客を装って屋島へ  2017/11/04(Sat) No. 678
ギュウギュウ詰めのウツボ類



旧香南町のマンホール  2017/10/25(Wed) No. 675
現在高松市であるが,シンボルとして描かれているのは高松空港とジェット機,菊,金木犀



レトロな列車  2017/10/24(Tue) No. 674
レトロ車両 - 3000形 - 300号
高松琴平電気鉄道開業時(大正15年)から走り続けている「日本車輌」製の車両。
昭和42年から更新改造され,現在では3000形300号がイベント時に活躍中。



松茸うどん  2017/10/19(Thu) No. 673
中国産ではあるが,松茸がたっぷり。
つゆは松茸の土瓶蒸しみたいで,全部飲んでしまった。



JR四国2600系新型車両  2017/10/18(Wed) No. 672
高松駅の南側を散歩(?)中発見。確か新車両ではないか?どこかで見たなとは思ったのだけど,昨日17日に報道公開されたというニュースを見たのだった。
Neo Japonisume をコンセプトとする特急車両。2601 と 2651 の 2 両編成。
連結部付近のディープレッドとゴールドを組み合わせた X 字方のデザインがアクセント。Trans Shikoku Express のロゴマーク。
空気バネ式車体傾斜機構を採用した車両ということだが,これは技術的に結構むずかしいらしく,これ以降の機器投入はなさそうというのが残念なところ。



マンホール(丸亀市-旧飯山町)  2017/10/02(Mon) No. 671
背景の山は飯野山,果実はモモ,花はサザンカ(モモ,サザンカの両方ともいわれているようだが,葉に距歯があるのでサザンカだろう)。
足跡は知らなかったが,「おじょも伝説」の足跡だそうだ。飯野山を作ったという巨人の足跡だ。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]