負の超幾何分布     Last modified: Nov 07, 2002

 大きさ $N$ の母集団で,特性 A を持つものの割合を $p$ とする。この母集団から $x$ 個目の標本を取り出したときにちょうど特性 A を持つ標本が $r$ 個になる確率を考える。

  1. $N$ から $x - 1$ を選ぶ方法は,${}_{N}C_{x - 1}$ 通り

  2. $N\ p$ から $r - 1$ を選ぶ方法は,${}_{N\ p}C_{r - 1}$ 通り

  3. $N\ q$ から $x - r$ を選ぶ方法は,${}_{N\ q}C_{x - r}$ 通り

  4. $x$ 番目に,特性 A を持つものを選ぶ確率は $\displaystyle \frac{ N\ p - r + 1} {N - x + 1 }$

 したがって,求める確率は次式で表される。 \[ f(x) = \frac{\displaystyle {N\ p \choose r-1} \times {N\ q \choose x-r}}{\displaystyle {N \choose x-1}} \times \frac{ N\ p - r + 1} {N - x + 1 } = \frac{\displaystyle {x-1 \choose r-1}\times{N-x \choose N\ p-r}} {\displaystyle {N \choose N\ p}} \]

figure

図 1.負の超幾何分布の概形

 この分布は負の超幾何分布と呼ばれ,$N \rightarrow \infty$ のときには,負の二項分布に一致する。


演習問題


応用問題


・ 計算プログラム [R]
・ 直前のページへ戻る  ・ E-mail to Shigenobu AOKI