二群の等分散性の検定     Last modified: Aug 20, 2009

目的

二次データから,二群の等分散性の検定を行う。

注: 一次データが利用できる場合には,R に本来用意されている var.test を使うことができる

使用法

my.var.test(nx, vx, ny, vy)

引数

nx	第一群のデータ個数
vx	第一群の不偏分散
ny	第二群のデータ個数
vy	第二群の不偏分散

ソース

インストールは,以下の 1 行をコピーし,R コンソールにペーストする
source("http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/R/src/my_var_test.R", encoding="euc-jp")

# 二次データから,二群の等分散性の検定を行う
my.var.test <- function(nx,                          # 第一群のデータ個数
                        vx,                             # 第一群の不偏分散
                        ny,                             # 第二群のデータ個数
                        vy)                             # 第二群の不偏分散
{
        data.name <- sprintf("n1 = %s, variance1 = %s, n2 = %s, variance2 = %s", nx, vx, ny, vy)
        method <- "二次データから,二群の等分散性の検定"
        if (vx > vy) {                                  # f が 1 より大きくなるように
                f <- vx/vy
                df1 <- nx-1
                df2 <- ny-1
        }
        else {
                f <- vy/vx
                df1 <- ny-1
                df2 <- nx-1
        }
        p <- 2*pf(f, df1, df2, lower.tail=FALSE)     # P 値
        dfs <- c("num df"=df1, "denom df"=df2)
        names(f) <- "F"
        return(structure(list(statistic=f, parameter=dfs, p.value=p,
                method=method, data.name=data.name), class="htest"))
}


使用例

> my.var.test(42, 1.1, 63, 3.2)

	二次データから,二群の等分散性の検定

data:  n1 = 42, variance1 = 1.1, n2 = 63, variance2 = 3.2 
F = 2.9091, nhum df = 62, denom df = 41, p-value = 0.0004432

・ 解説ページ


・ 直前のページへ戻る  ・ E-mail to Shigenobu AOKI

Made with Macintosh