ヒイラギ(柊)  モクセイ科  Last modified: Dec 14, 2005

photo  学名:Leiognathus nuchalis
 花期:晩秋

 ヒイラギ(柊)は常緑樹で葉の周りの刺が特徴ですね。親指と人差し指で葉の両側の刺を支え,ふーっと息を吹きかけてくるくる回すという遊びをしたことを思い出します。
 もう一つの思い出は,中学校の生物の時間に構内にあるヒイラギの葉っぱの 1 枚当たりの刺の数を数えグラフにしたことです。今から考えるとあれは,一種の生物統計学だったな〜。

 Aug 31, 1998

photo  晩秋から初冬にかけて 4 弁の白い小さな花が咲きます。花の形はキンモクセイ(金木犀)に似ています。
 老木や樹勢が弱くなった木では,葉の棘がほとんどなくなることもあるようです。

 Nov 21, 1998

photo  Dec 20, 2002

photo  寄せ植えにしていた斑入りのヒイラギがだいぶ大きくなって,花が咲きました。

 Dec 03, 2004

photo  Dec 03, 2004


・ 直前のページへ戻る  ・ E-mail to Shigenobu AOKI
・ 植物園の最初のページへ戻る フレーム版  非フレーム版