No.09402 数量化X類でよいのでしょうか。  【野菜小僧】 2009/03/03(Tue) 00:55

現在,野菜中の成分と遺伝子型の関係を調べています。なにぶん,統計に関しては素人でして,皆様のご助言を仰ぎたい次第です。

現 在,野菜の品種で5つの成分の含量を測定しています。それらは,A−B−C−D−Eと代謝していきます。そして,Aをためるもの,Cをためるもの,Eをた めるもの,などといくつかのカテゴリーに分類出来ます。(もちろん,それぞれのAからEの含量の生データもあります)そして,これらの成分含量に関連する と想像される遺伝子(マーカー)が全部で30くらいあり,それらを解析すると,それぞれホモ型(1−1もしくは2−2)か,ヘテロ型(1−2)に分けられ ます。
 ですので,一つの品種について,これはBをためるタイプで,遺伝子型はマーカー1がホモ,マーカー2がヘテロ,以降続いてマーカー30がホモ,などといったデータセットがあることになります。
 ここで,新たな品種を持ってきた時に,この品種は何をためるかを想像する時に遺伝子型から予測したいのですが,このようなことを考えた場合,数量化X類の手法は使えるのでしょうか?また,使うとしたら,何類を用いればよいのでしょうか。
 よろしくお願い致します。

No.09404 Re: 数量化X類でよいのでしょうか。  【青木繁伸】 2009/03/03(Tue) 08:48

実際のデータに適合するかどうかはともかくとして,群の予測(判別)ですから,数量化II類でしょう。

No.09435 (御礼)Re: 数量化X類でよいのでしょうか。  【野菜小僧】 2009/03/04(Wed) 21:31

青木先生,ありがとうございました。数量化粁爐把瓦戮董づ用してみます。今後とも,よろしくお願いいたします。

● 「統計学関連なんでもあり」の過去ログ--- 042 の目次へジャンプ
● 「統計学関連なんでもあり」の目次へジャンプ
● 直前のページへ戻る