No.08283 JMPとSPSS供  MoMo】 2008/11/18(Tue) 23:58

毎回初歩的な質問で恐れ入りますが,アドバイスをお願いいたします。

多変量解析をJMPを使ってしている と(名義ロジスティック),オッズ比がすごく大きな値になり,かつその信頼限界も大きな幅をとります。たとえばオッズ比が900でその信頼限界が [1.4-34000]のような感じです。同じデータを用いてSPSS兇撚鮴呂靴討澆襪肇ッズ比が2.1でその信頼限界が[1.5-3.5]のような論 文でよく見かけるような結果に収まります。Nを多くした別の研究でも同様な結果になるため頭を抱えています。
それから,多変量解析で独立変数が多い場合にステップワイズ法を用いた,記載された論文を散見します。ですが,一方でステップワイズ法は統計学的に正しい結果を導かないということを統計学書で読みました。実際はどうなんでしょうか?

なにとぞよろしくご教授くださいませ。

No.08284 Re: JMPとSPSS供  kai】 2008/11/19(Wed) 08:16

ステップワイズ法ではある基準で変数を出し入れ(増減法の場合)や追加(増加法),除去(減少法)しながらモデルを最適化する方法であり,その基準によりモデルが変化します.
p 値のみを基準にするような方法(JMPのバージョン7)では,完成したモデルに多重共線性の問題が出る場合もありますので,完成したモデルのパラメータの VIFを確認して見る必要があります.また変数が多くて変数間の相関関係がある場合は,モデルの作り方により複数の最適モデルができる場合もあります.
いずれにしても機械的にある基準で作成したモデルなので,それを固有技術的に吟味してみないと血の通った解析にはならないと思います.

SASではp値以外の基準としてSBC,AIC,AICCが使えます.また,多重共線性を考慮した変数選択が可能(LAR,Rasso法)です.
SPSSは使ったことがないのでわかりません.

No.08285 Re: JMPとSPSS供  kai】 2008/11/19(Wed) 08:25

書き忘れましたが,オッズ比は定義が色々あり,ソフトによって一見結果が異なるかもしれません.JMP6の時は連続量の説明変数にに対して,[単位オッズ]と[範囲オッズ]が出力されていました.文献で10%の増加に対するオッズ比というものも見たことがあります.

各ソフトのオッズ比の計算方法を確認してみてはいかがでしょうか?

No.08286 Re: JMPとSPSS供  收通敞某】 2008/11/19(Wed) 10:22

追試できるプログラム(必要ならデータも)とその結果を呈示しておくとよいと思うのですけど。実際のものでなくてよいから,現象が再現できる最短のプログラムと最小のデータを。

No.08287 Re: JMPとSPSS供  收通敞某】 2008/11/19(Wed) 10:47

http://www.jmp.com/japan/support/faq/stat_2078.shtml
の中に,「JMPによるオッズ比,ハザード比(リスク比)の算出方法と注意点」というPDFファイルへのリンクがあります。それを読んでも解決しませんか?

No.08297 Re: JMPとSPSS供  MoMo】 2008/11/20(Thu) 00:47

kai先生,青木先生,早速のご回答ありがとうございました。

私の使用しているJMPは version 5で古いものです。おそらく範囲オッズ比のみを提示するんだと思います。いろいろな文献で見かけるオッズ比は単位オッズ比なのでしょうから,困ってしまい ます。雑誌に投稿する際にエキセントリックな値は問題ですので,version upするしかないのでしょうか?

No.08299 Re: JMPとSPSS供  aaa】 2008/11/20(Thu) 05:38

http://www.jmp.com/japan/support/faq/stat_2079.shtml
を参照してまず範囲オッズ比を計算して一致するかどうか確認し,それから単位オッズ比を計算すれば宜しいのではないでしょうか。

No.08459 Re: JMPとSPSS供  MoMo】 2008/12/01(Mon) 15:07

aaa先生,ありがとうございました。

仰るとおり,範囲オッズ比しか表示しないようでした。設定をイジろうとしてみたのですが,ダメでした。version upするまでは,お示しいただいた計算式で計算するしかないようです。

レスポンスが遅れましたこと平にご容赦下さい。

● 「統計学関連なんでもあり」の過去ログ--- 042 の目次へジャンプ
● 「統計学関連なんでもあり」の目次へジャンプ
● 直前のページへ戻る