No.05542 ロジスティック回帰分析において  【kawashima】 2008/01/26(Sat) 14:36


初めて質問をさせていただきます。

 .蹈献好謄ック回帰分析において,あまり関係の無い説明変数を取り入れると誤った結果を導くことがあるとされています。あらかじめ従属変数と説明変数間の相関をみた場合,説明変数から除去する基準は,一般的にどのあたりと考えるべきでしょうか?

 大変お手数をおかけ致しますが,よろしくお願い申し上げます。

No.05544 Re: ロジスティック回帰分析において  【青木繁伸】 2008/01/26(Sat) 17:22

除去する一般基準はありません

また,「無関係な説明変数」の意味がはっきりしませんが,従属変数 とも他の独立変数とも無関係な変数をモデルに組み入れても,他の変数の回帰係数が影響を受けるようなことはありません。むしろ,他の独立変数と相関の高い 変数を入れる方が問題です(多重共線性を引き起こします)

また,少し前の質問にもあったのですが,独立変数1つづつと従属変数の関係からモデルに入れるか入れないかを決めるのは,間違った方法です。

そもそも,自動的であるかないかはともかくとして,変数選択自体行わない方がよいという考えがあります。つまり,モデルに組み入れる変数は理論や仮説にしたがって決めるべしという考え方です。

No.05551 Re: ロジスティック回帰分析において  【kawashima】 2008/01/26(Sat) 23:26


 お忙しい中,御返答いただきまして真にありがとうございます。

先生のおっしゃられますように,(解析を行う側に都合のいい)結果を求めるような解釈にもなりかねませんので,危惧しておりました。やはり変数選択を行わず,理論と仮説に基づいて結論を導くようにしたく思います。

 また多重共線性の問題から,独立変数同士の相関にはセオリー通り多重解析を行う前に,必ず通るようにしています。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

● 「統計学関連なんでもあり」の過去ログ--- 041 の目次へジャンプ
● 「統計学関連なんでもあり」の目次へジャンプ
● 直前のページへ戻る