No.01480 2つの単回帰式から得られる一次式の信頼区間  【平山】 2006/10/31(Tue) 19:01

初めまして,平山と申します。長文失礼いたします。

修士研究におきまして,昭和初期の琵琶湖の水質を数値(COD)で示したいと考えております。
しかし,昔と今とでは指標が若干異なるため,2つの相関関係を用いて推定します。

<具体的に>
推定の元となる数値を「A」とします。
顱 A]を「y=0.75+0.76x(回帰式(1))」に代入する
髻‘世蕕譴拭y」に単に0.25を乗じる。→「y’」
鵝 y’」を「z=0.4+1.86y’(回帰式(2))」に代入する
以上の方法で「A]から「z」を推定します。
ここで,一回の代入で済む1次式を算出しました。

この1次式の95%信頼区間を求めたいのです。
回帰式(1)と回帰式(2)の元になるデータとしては,n,分散,平均など全て異なります。

統計初心者です。
よろしくお願いいたします。

● 「統計学関連なんでもあり」の過去ログ--- 039 の目次へジャンプ
● 「統計学関連なんでもあり」の目次へジャンプ
● 直前のページへ戻る